Pocket

スポンサーリンク


 スポンサーリンク

食材選びと調理方法のポイント
糖尿病治療における食事はとても厳しく楽しみのにないように感じますが、そんなことはありません。食べることが大好きな糖尿病の方も安心してください。生活していく上で血糖値を下げられるようなことを探し、その中で自分が続けられそうなことを少しでも頑張ってみましょう。それだけでも結果は得られます。
スポンサードリンク


Point1 糖尿病のタイプと食事

糖尿病には2つのタイプがあります
1型糖尿病-原因がまだはっきりと確立されておらず、幼少期に急に発症してしまい、注射でインスリンを摂取して管理していかなければならないもの
2型糖尿病-運動不足や肥満、ストレス、暴飲暴食などの生活習慣が乱れから、インスリンの分泌や、その力が十分でなくなることが原因であるとされているもの
糖尿病治療に不可欠な血糖値のコントロールを上手にしていく上で気をつけるポイントには以下のようなものがあります。
カロリーを摂取しすぎないようにして肥満をなくしていきましょう、
朝。昼、晩のカロリー摂取量や、食事をとる時間を一定に保つように心がけましょう。
夕食はなるべく早い時間にとり、食べ過ぎることのないようにしましょう、
白米や麺類、パンなどの糖質が多く含まれた食材、またはお菓子などは控えましょう。
肉類もとりすぎないようにし、野菜や魚をたくさんとるようにしましょう。
あっさりとした料理を楽しむようにして、油分の多い料理ばかりにならないようにしましょう。
よく噛んで食べることで、少しの食事量でも満足できるようになります。
食事の量と運動量のバランスをしっかり考えましょう。
お酒はほどほどにしましょう。


Point3 進まぬうちの手当て

糖尿病という病気は、初期段階では特に症状もなく、何も苦痛などを感じることはないですが、その病状は着々とゆっくり進んでいってしまうものです。食事を制限することだけではなく、血糖値をコントロールするホルモンであるインスリンの元となる材料や、新しい細胞をつくるための必要物を、日々の食事の中で補っていくという気持ちをもつといいでしょう。

インスリンの元となる食材

インスリンの元となる原料は、野菜に含まれるビタミンCや、赤身のお肉や、魚や大豆のミネラル(たんぱく質、亜鉛など)で、これらの原料が不足すると、インスリンは作られません。特に魚は血糖値のコントロールに必要なオメガ3脂肪酸と呼ばれるEPAやDHAなどをたくさん含んでいるので、メイン食材には健康のことを考えて魚を使用するといいでしょう。お肉を選ぶ際には脂身が少ない赤身の部位を選ぶようにしましょう。

カロリーを制限する

はじめは指示されたカロリーに沿って制限を行い、その後は体重が増えていくのか減っていくのかによって決めていくといいです。標準体重を、身長(m)×身長(m)×22で計算し、痩せていっているようであれば量を増やしても構いません。急激な減量は糖尿病が進んでしまい、筋肉が糖分を得ることができずにエネルギーとして使用されているということになってしまいます。そうではなく、脂肪を減らしながらも筋肉を残すことを理想として1カ月1~2キロ減らしていくことを目標にしましょう。それでも1年あれば12キロも体重を減らせる計算になります。

3食をバランスよくとる

朝・昼・晩の食事を均等にすることは血糖値をコントロールする上でとても重要なことです。朝食から昼食、昼食から夕食までの時間を5~6時間の間隔にできる方は、3食全て同量のボリュームでとります。食事の間の時間がもっと短くなってしまう方は、3食を無理やり同量にすることはしなくていいでしょう。

糖質をほどほどにして、ゆっくり吸収させる

糖質をとりすぎないように注意しましょう。
ご飯は茶碗1~1.5杯、パンなら食パン六枚切り1.5枚程度、麺類なら250gが目安です。
同じご飯の中でも、玄米や七分づき米など精製度の低いものや、パンでは全粒粉やライ麦パン、麺類ではそうめんやうどんよりもそばを選ぶことで吸収のスピードを遅くすることができます。穀物だけでなく、食物繊維の多く含まれる食材(野菜やきのこや海藻、こんにゃくなど)をよく噛んで食べることでまた糖質の吸収スピードを下げることができます。毎回の食事において穀物より食物繊維を多く含む食材の量が多くなるように心がけましょう。

強く柔らかな血管をもとう

血糖値のコントロールに必要な食物繊維と、血管や細胞を若く保つ働きをするポリフェノールは、大豆製品や野菜、きのこ、海藻、ごまなどの種実類から摂取することができます。これらを食べる際は塩分は適量でおいしく食べましょう。塩分のとり過ぎは合併症をうみかねませんので、気をつけなければいけません。また偏りをもたずにいろいろな植物性食品を少しずつとるといいでしょう。緑茶や紅茶、コーヒーなどもいただき、植物性栄養成分(フィトケミカル)をたくさん摂取しましょう。
アルコールに関してはほどほどにすることが大切です。アルコールの適量240kcalはビール大瓶1本、ワイン2杯、日本酒1合程度です。なるだけ週に2日は休肝日をもつようにしましょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク
Pocket