Pocket

スポンサーリンク

糖尿病には1型と2型があり、発症要因によって分類されます。日本人の糖尿病の要因としては、運動不足や肥満、ストレス、暴飲暴食などの生活習慣が乱れていることが多くあげられ、患者さんの95%が2型糖尿病であるといわれています。
その為2型糖尿病は生活習慣病の1つとされており、糖尿病を予防するには日常生活の中でこういった要因を排除していくことが重要であるといえるでしょう。
残念ながら1型糖尿病は原因がまだはっきりと確立されておらず、突然発症してしまいますので予防法もまだありませんが、せめて2型糖尿病のリスクだけでも下がるように心がけたいものですね。

スポンサーリンク

糖尿病になりにくい生活:食生活をみなおしましょう

糖尿病の治療においては、食事にも大変気を使わなくてなりません。それが食事療法というものです。ではなぜ糖尿病において食事が関係するのでしょう。
2型糖尿病の原因はインスリンの分泌や、その力が十分でなくなることであるとされています。現代では食事の欧米化がすすんでいると言われています。ですが、もともとアジア人はインスリンの分泌量が欧米人に比べて少ないため、このような食生活を続けてしまうと、糖分の処理が間に合わず、血糖値が上がった状態が続いてしまうことになります。毎日この状態でいると、結果としてすい臓におけるインスリンを分泌作用がどんどんと衰えていってしまうのです。
食事に気をつける上で最も重要なことは、基本的に必要な分量以上のエネルギー(カロリー)を摂り過ぎないようにすることです。カロリーを摂り過ぎると体にとって良くありません。1日の必要な分量のカロリーの中で、まんべんなく栄養を摂取することで、すい臓にかかる負担を軽減し、すい臓の力もしっかり取り戻すことができます。
つまり、食べ過ぎないように気をつけたり、インスリンをたくさん必要とする食品は避けることで、糖尿病の治療に効果をもたらすということです。
糖尿病の方にはもちろん、現在糖尿病ではない方にも予防としてとても大切な点であるといえるでしょう。
また、糖尿病においては、摂取して良い効果のあるものや悪い効果のあるものという定義ははありません。どんな食品も過剰に摂取しすぎると体に良くありませんし、逆に摂取量が適度であればどんな食品も体に良いのです。(嗜好品は少しの量でも体に良くありません)
糖尿病の治療では、医師から食事指示表(食事指導票)を渡されて食事療法を開始します。下記の食費交換表を使ってきっちり一日に摂取するエネルギー量を守りながら、気を配った食生活をおこなっていくのです。
現在糖尿病でない方も予防のために活用してください。

1日の必要な分量のカロリーの中で、まんべんなくビタミン・ミネラル・たんぱく質・脂質を摂取することが重要です。この食品交換表を使って一つ一つのカロリーや栄養分を知ることで、食生活の見直しに役立てることがでできるでしょう。

《食品交換表の図》

まずは日々の食事において、自分が1日に摂取しているカロリー量を計算してみることからはじめましょう。これまでの食生活を知ることができた後は、正確な1日の必要カロリー量を計算し、その中で食事を楽しめるようにチャレンジしましょう。
体の為には継続して続けていかなければ意味がありません。糖尿病にならない体をつくる為に、長く継続できるよう工夫して楽しみながら続けていきましょう。

食事のポイント

食事をする際には以下のポイントに気をつけましょう。
1、一日三食きちんと食事をとること。できる限り間食は控えましょう。
2、飲み物には砂糖は入れないように心がけましょう。どうしても必要な場合は人口甘味料などを代わりに使用するといいでしょう。
3、コンビニなどのお弁当はカロリーが高いものが多いので控えるようにし、外出時の昼食には手作りのお弁当に挑戦してみましょう。
4、外で食事をするときは、和食を選ぶように心がけましょう。
5、脂質の多い食材(バターやマーガリン、ドレッシング)や、油を多く使用した料理(揚げもの、炒めもの)など、カロリーの高いものはなるべく控えましょう。
6、さまざまな調味料やハーブなどの香辛料を使用して味付けを変化させると、飽きないようすることができます。
7、食物繊維の豊富な食材(野菜、玄米、海草など)をたくさんとるように心がけましょう。
8、おかずの量をよく考え、メインの料理を多くとりすぎないように気をつけましょう。

調理法の中では、揚げものを控え、炒めものや焼きものにしたりすることも大事です。最も良い調理法は茹でものや蒸し物です。
また主菜に使用する食材についても、牛肉・豚肉を控えて鶏肉や魚を選ぶようにし、野菜を多くとるように心がけるといいでしょう。

スポンサーリンク
Pocket