Pocket

スポンサーリンク

食後眠いのは糖尿病の初期症状よく言われていますが、実際のところどうなのでしょうか?
お昼ごはんや晩ごはんの後、ものすごく眠くなったり、何かしながらでも寝てしまったり、そんな経験はありませんか?
食べ過ぎたりなどから眠くなったりすることもありますが、食事の後の眠気は糖尿病の初期症状ともいわれていますが、眠いがゆえに昼寝をたくさんしていまうことは糖尿病の危険性を高めてしまうという研究結果もあります。
何よりも血糖値を正常に戻してあげることが一番なのです。

スポンサードリンク




【食後眠い理由は?】
お昼ごはんの後、急激な眠気に襲われて、仕事も会議もまったく身が入らない、そんなことは皆さん経験したことがあると思います。しかしほとんどの人が、少し疲れているだけだと思って気にかけないでしょう。
食事の後眠くなることは、人間の生理現象でもあるので、心配しすぎるようなこともありませんが、実際には重要な問題をもっていることもまちまちです。
食事の後に眠くなる原因は、食べすぎたことが理由で胃に大きな負担がかかってしまう場合と、すい臓が疲れていることが理由で血糖値が不安定になる場合がありますが、ほとんどの場合は食べすぎたことが理由であることが多いです。
食べ過ぎてしまうと血が消化器官に集まって、脳に血があまり回らなくなってしまい、脳の動きがのんびりになってしまうことが眠気の原因であるとされていますが、新たな研究により、ホルモンのひとつであるオレキシンという物質が減少することにより眠気が引き起こされるという考えもあります。
オレキシンは、中枢神経において神経を伝える物質であり、満腹中枢を刺激する役割をもっているのですが、同時に覚醒効果ももっているため、満腹になることでオレキシンが減少してしまうことにより眠くなってしまうとい考えられているのです。
また、糖分をたくさんとりすぎてしまうと、オレキシンの働きが弱くなってしまうので、お腹がいっぱいになっても満腹中枢がそれを感じ取れずに食べ過ぎてしまうことで、肥満、糖尿病、さらにはうつ病を引き起こすこともあると、最近の研究では明らかになっています。

【食後眠いは糖尿病の初期症状】
ですが、食事の後は全くといっていいほど仕事や活動に身が入らないほどの強烈な眠気が継続するということであれば、糖尿病の初期の症状である可能性があります。
なぜならその原因は食事の後、インスリンの分泌量が不安定になることだからです。
どんな人も食事の後、血糖値が上がり高血糖になると少しくらいは倦怠感や睡魔に襲われることがありますが、普通はだいたい2時間ほどで血糖値が正常に戻り、症状はおさまります。
インスリンがしっかり分泌されなかったり、その効果が下がってしまうことで、血糖値が正常な数値に戻ることなく、食事の後ずっと眠気が続いてしまうのが糖尿病や隠れ糖尿病と呼ばれる人たちなのです。中には食事をとりながら眠ってしまう方もいるといいます。
高血糖が一日ずっと続く糖尿病の方はわかりやすいのですが、隠れ糖尿病の方は「食事の後、高血糖が長く続く」だけなので、健康診断などではその症状を見つけることが難しく、診断は困難なのです。
食事の後の眠気が継続して続くこと以外に、冷や汗や頻尿、動機が激しい、異常な倦怠感、イライラ、不安、のどが渇くなどの症状が思い当たる場合は、なるだけすぐに医療機関で相談する方がいいでしょう。

【本当の糖尿病にならないために】
隠れ糖尿病とよばれる段階は予備軍ということですので、まだ糖尿病にならずにすむ可能性は大いにあります。
予備軍の間はすい臓もまだ少し元気が残されていますので、インスリンを分泌できますが、食事の後の高血糖が長時間継続してしまうと、すい臓は元気がなくなりインスリンを分泌することができなくなっていき、真の糖尿病となるのです。
そこで気をつけるのが、食事です。食事の内容、方法などを改めていくことによって、インスリン抵抗性といわれるインスリンの力を復活させ、すい臓に対する負荷を減らすことで正常に糖質をコントロールする力を戻してあげましょう。
食事を改めるには内容だけでなく、その方法などの食生活全体を見直すことが大切です。

まず、内容においてですが、血糖値が上昇するのは、糖質、つまり炭水化物をとり過ぎてしまっているということです。
近年では、糖尿病になるのを防ぐには血糖値を上昇させている糖質をとりすぎないようにするのが大切ということが明らかになってきたことにより、糖質フリーなど、糖質を制限している食品などを聞いたり、見かけたりする機会が増えたと思います。
しかし、日本人にとってご飯や麺類などの炭水化物は欠かせないものです。食事を見直す際に糖質を制限するといっても、全くゼロにしなくても大丈夫です。
ご飯やパンの量を減らしたり、玄米や玄米を使用したパンにするだけでも血糖値には影響します。食物繊維をたくさん含む玄米や全粒粉の食品は、糖分の吸収スピードをゆっくりにして、血糖値が急激に上がることを防いでくれるのです。
炭水化物だけでなく、糖質をたくさん含んでいるデザートなども、お昼や晩にはとらないように心がけ、3食の食事の内容を見直してみましょう。
たんぱく質は増えても構いませんので、ご飯などの炭水化物の代わりに肉や魚などを多く食べるといいでしょう。
また、スナック菓子やチョコレート類はなるべく食べないようにしましょう。どうしてもの場合は、豆類やナッツ類などのお菓子を選ぶように心がけることが大切です。
このような、厳しすぎない糖質制限でも、糖尿病の方の治療にはもちろん、それ以外の方の予防にも効果があるのです。
食事内容を変えても、食事の方法ひとつでさらに食事の後の血糖値をコントロールすることが可能です。
最初に野菜や、食物繊維をたくさん含むものからとり、その後におかずと主食(炭水化物とたんぱく質)を交互に食べるようにします。そしてよく噛みながら急激に食べたりせずゆっくりと食事をとることで、食事の後の血糖値が急激に上がるのを抑えることができます。

糖尿病になるのを防ぐには、メタボを解消することが大切ですが、朝ごはんや昼ごはんを抜いたりして食事の量を減らすようなダイエットはしてはいけません。
ダイエットをするのであれば、重要なのは食事の回数ではなく、食事の量です。一日3食、できるだけ同じ時間にきっちり規則正しく食事をとり、間食はしないようにします。消化器官が休んでいる間に食事をとったりしてしまうと、エネルギーがたくさん必要になり身体に負担になるのでやめましょう。
また、食事の後に軽く運動をすることも効果的です。食事の際に血中に入った糖はインスリンによって吸収されエネルギーになるのですが、残った糖は貯蔵のために脂肪になってしまいます。軽い運動をすることで、糖の消費をすすめて、糖が残って脂肪にかわってしまうのを防ぎます。

【糖尿病を治すのはあなたの食事法だけ】
糖尿病には、糖の吸収を抑えたり、インスリンの効能を高める、インスリンの分泌量を」増やすなどの治療薬が開発されれいます。
確かにこれらの治療薬を飲めば、血糖値を下げることができるでしょう。
ですが、これは糖尿病が治るということではありません。
治療薬を飲まなくなればまた血糖値は上がってしまうため、一生治療薬を飲み続けていかなくてはならないのです。
糖尿病を治すことができるのはあなたの食事方だけです。
糖尿病治療における食事制限は病人食とは違います。食事内容や、方法を見直すことで元来の「健康食」「長寿食」と呼ばれる理想的な食事内容に戻してあげるだけです。それだけで糖尿病の体質を改善することができるのです。

食事の後に、眠気に勝てず昼寝をたくさんしてしまうことは糖尿病の危険性を高めてしまうという報告もありますので、とにかくまず血糖値を下げるようにしましょう。

スポンサーリンク
Pocket