Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

震洋。特攻隊 震洋。特攻隊
太平洋戦争で日本海軍が開発・使用した特攻兵器。特攻艇が話題になっています。
太平洋戦争末期に日本海軍が造った特攻艇「震洋」のエンジンなどとみられる残骸が、千葉県館山市沖の海底で見つかった、というニュースがあったのが理由のようです。


震洋についてまとめてみました。

▼あの『コード・ブルー』が今だけ無料で観られます!!
>>コード・ブルー3を無料視聴するならココ!!

震洋とは?


防衛省防衛研究所の所蔵史料によると、震洋の格納壕(ごう)や燃料、食糧などの地下壕が建設され、1人乗り震洋53隻と2人乗り震洋5隻が配備予定だった。

知覧といえば陸軍特攻基地があったことで余りに有名ですが、薩摩半島南海岸の聖ヶ浦 (ひじりがうら)という入江に、本土決戦を想定した海軍特攻基地があったことはあまり知 られていません。
海軍特攻艇『震洋』. 樽職人の斉藤さんが青春時代を過ごした海軍省指定工場、墨田川 造船所。 斉藤さんはこの工場で、後に洋樽を作るための貴重な経験となる『板に曲面を 作る作業』に携わっていました。


震洋五型
一型改が配備され、新たに指揮艇として大型の五型が建造された。
五型には爆装と13mm単装機銃一挺、12cmロサ弾と発射機の12cm噴進砲2基が搭載されていた。

1944年10月下旬レイテ沖海戦に投入された神風特別攻撃隊より半年以上前に本特攻 兵器の開発は始まっていた。小型のベニヤ板製モーターボートの船内艇首部に炸薬を 搭載し、搭乗員が乗り込んで操縦して目標艦艇に体当たり攻撃を敢行する。


 スポンサーリンク

震洋 特攻隊とは?


大空にあこがれて日本海軍に入った少年飛行兵に、上官は告げた。10代の少年たちを 待っていたのは、小型モーターボートに爆薬を積んで敵艦に体当たりする特攻艇「震洋」 だった。

太平洋戦争末期に日本海軍が造った特攻艇「震洋」のエンジンなどとみられる残骸が、 千葉県館山市沖の海底で見つかった。館山には当時、震洋の特攻隊基地があり、敗戦 時に上官の命令で特攻艇を沖合に沈めた

震洋による大型艦撃沈の戦果は皆無です。
震洋及び類似の特攻モーターボートは、フィリピン戦と沖縄戦で実戦 投入されたと言われていますが、部隊ごと全滅した例が多く



 スポンサーリンク

震洋の動画

1945年8月16日19:00 高知県の第八特攻戦隊竹中隊で、海軍高知航空隊より通報のあった機動部隊を撃滅するための出撃準備中に“震洋”が爆発。他の艇や燃料に引火したことで更なる誘爆を引き起こし111人が死亡する

「神保さんはベニヤ板でできた一人乗りのボート・震洋で敵艦に体当たりする特攻隊に所属。敵艦接近という誤報が入り出撃準備を整えた。しかし準備中1隻の震洋が爆発し誘爆を引き起こし111人が命を落とした」

どこかで道を間違えても、その先に迷い道しかないってことはないはずだ。
叔父さんはこの船に乗って帰らなかった。
不必要な死がなければ、叔父さんは今年の夏も一緒にビールなど飲んでいたのかもしれない。

沈黙は権力への従属・語れなかった本音(8.14東京新聞夕刊)をみた。5月6日沖縄の学会に参加した時に訪問した平和の礎に名前が明記されていた。ベニヤ板で作ったボートに爆弾を積んで敵艦に体当たりする「震洋」で沖縄の海に沈んだ父を持つ故郷の同級生を思いだした。どんな思いで出撃したのか。


 スポンサーリンク

スポンサーリンク
Pocket