Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

死戦期呼吸。心室細動。AED 死戦期呼吸。心室細動。AED 
先日、選手と一緒に走った女子マネージャーが死亡する、というショッキングな事件がありました。


野球部女子マネジャー死亡、「死戦期呼吸」だった可能性 家族によると、生徒は倒れた時に心室細動を発症しており、AEDを使えば救える可能性がある症状だという。


 スポンサーリンク

死戦期呼吸とは?

死戦期呼吸(しせんきこきゅう)とは、心停止直後の傷病者に見られる、しゃくりあげるよう な呼吸。現場や救急室では「ギャスピング」ということが多い。

死戦期呼吸を見たことがありますか?「死戦期呼吸は正常の呼吸ではない。ただちに CPRを開始すること。」とよく目にしますが、見る機会は少ないと思います。今回は実際の 映像をはじめいろいろと参考になる動画を集めたのでご覧ください。

死戦期呼吸はじめて聞きました。勉強になります…!呼吸異常を見るの大事なんですね。検索して動画見ましたがしゃくりあげる感じっていうの納得でした。昔CPR習った頃は口元に耳当てて呼吸音確認くらいしかした覚えがなく…この手の研修、定期的にしてないので本当忘れてしまうの怖いです…


 スポンサーリンク

死戦期呼吸と心室細動


家族によると、生徒は倒れた時に心室細動を発症しており、AEDを使えば救える可能性がある症状だという。
自動判定するのだからとにかく使おう


「死戦期呼吸と普通の呼吸とを見分けるのは、一般市民には難しい」「死戦期呼吸の認知度が低いことも、AEDでの素早い処置に思いが至らない要因」

死戦期呼吸を「呼吸がある」と判断されてCPRを受けなかった、というのがよくあるエピソードで、件の記事でも「呼吸は弱いけれどある」と示唆的に書いてあったので、「あーそういうことなのね」と思ってしまったのですがもちろん詳細は不明です。
ところで小児科ではあえぎ呼吸はよく見ます。



 スポンサーリンク

スポンサーリンク
Pocket