Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

ソカタTBM700 ソカタTBM700
ソカタ(SOCATA)はフランスの航空機メーカーである。個人向けの軽飛行機、ビジネス 機を製造しております。


ブルージェットのビジネスジェット・プライベートジェットのラインナップをご紹介します。 外観や内装、スペックをご覧いただけます。ソカタTBM700は、フランス・ソカタ社が開発 した高性能なターボプロップ機。


 スポンサーリンク

奈良県山添村に墜ちた小型機「ソカタTBM700」、墜落前に空中分解か. TBM シリーズでは一番初期の型だが、このタイプのターボプロップ機では高性能の筆頭格。 2001年製で今年6月に日本へ運ばれ7月に整備。

夫婦で亡くなるなんて哀れ過ぎる。日本で所有しているのはこの人のみなのか。『「ソカタTBM700」は馬力が大きく「自家用機の最高峰」』事故時の爆発音は墜落前と墜落時の2度。1度目の爆発の原因が公表されないまま捜査が進むという状況になったら、ただの事故じゃないわな。多分。

奈良県の防災航空隊によると、白と青のラインの入った小型機であるとのこと。 機体の 種類については特定されていませんが、『SOCATA TBM-700』ではないかと言われてい ます。


墜落したソカタTBM700は、電子パネルが使われていて見た目は最新の飛行機ですね。やはりアナログの方が間違いないのだろうか。当初事故を繰り返した電子制御のエアバス機を思い出した。【墜落の小型機 空中分解、ほぼ垂直に落下か

ソカタTBM700 フランス・ソカタ社が開発した単発プロペラ機。全長約10メートル、全幅 約12メートル、高さ約4メートルで、最大搭乗者数は6人。プラット・アンド・ホイットニー・ カナダ社製のエンジンを搭載しており、最大で時速550キロ以上が出せる。

にわか勉強ですが、ターボフロップは回転圧縮空気のインジェクション燃焼を直接回転力にして、減速マッチングしてプロペラを回すという、回転のみで構成した合理的構造らしい

奈良県で墜落事故を起こしたのは、ソカタTBM700かー。空港のカメラに映ってる映像的に、その辺りの機体だとは思ったけど。あと、機体記号からして、あの機体の国籍はアメリカ国籍で登録されてたのかな。

スポンサーリンク
Pocket