Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

NHK「鶴瓶の家族に乾杯」のナレーションって久米明さん。現在もナレーションでご活躍中ですね。

久米明さんは、劇団の養成所ではなく 学生演劇出身だったため、 「プロの役者」です!ということに抵抗があったそうです。現在は、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」のナレーションもご担当。



 スポンサーリンク

久米明の現在は

https://twitter.com/tV4GinI4m0okreS/status/895776841297821697
鶴瓶??の家族に?????乾杯のナレーションしている久米明さんおん年93歳何故喋べるのかと言う事を考える 生き方のスローガンはゆっくり??????生きる事勉強に成りました。

自然と息が止まればそれでいいと思います。久米明、93歳。さっき久米明さんがテレビに出てたけど93歳でナレーションの仕事があるって凄いなにっぽん紀行で長崎の漁師のご一家、ここからで久米明さんのインタビュー。いいものを見せてもらいました。

てか、久米明のナレーションって、30年以上前から、ずっと変わりなく衰えないトーンは凄いなぁ…喋る内容だけで、番組名が連想させられるw

久米明さん93歳!姿勢も声も若々しい!私にとって久米さんといえばプーさんのナレーションだなぁ「そこでプーさんは食べて食べて食べて…食べまくりました」



 スポンサーリンク

久米明のナレーションの秘密

NHKここから。久米明さん。「何を話すかよりなぜ話すか」それにしても93才って。はきはきと話す姿があまりにもお若く。耳に心地よい声いつまでも聞いていたい声。朝顔を洗ってから自分の顔を見るのが好きと。自然に息が止まる、それでいいんじゃないですかとも。おおらかで自然体、いいなぁ。

珍しく早起きしてTVをつけたら、NHKさん『これから』で久米明さんのインタビューを放送していた。御歳93にして今も現役の大大大先達…お話の、ことばの一つひとつに重みがあるのに、力の抜けた朗らかな語り口で、やはりすごい方だなぁと感じました。僕もしっかりやろう。三文以上の得でしたw。


久米明のインタビューを見た。言葉の意味と寄りそう気持ちを伝えて、何故しゃべるのか?の”何故”を掘り下げて考える。スゴイな93歳の現役アナウンサー!久米明ボーカロイドはいらないけど、久米明トーカーは欲しいwあの口調で好きな文章読ませられたら

久米明氏「何をしゃべるかよりもなぜしゃべるかを考えることが大事。それを徹底することで話に深みが出る」

インタビュー ここから ナレーター久米明さん93歳、、93さーい!? 聞きなれている声にやはり目を止めてしまう。聞いてて気持ちいい声ってあるんですよね。声で絵が見えたりすることも多い



 スポンサーリンク

スポンサーリンク
Pocket