Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

2017年3月14日のガイアの夜明けは「地域スーパーの乱!」ということで、広島と香川県の地域スーパーが特集されました。

この記事では、特集されたスーパーのうちの一つ「新鮮市場きむら」についてまとめてみました。

高額納税者だけが知っていた
○○○を合法的に搾取する稼ぎ方を無料公開中!
いつ無料公開が終わるか分かりません!
今すぐチェックしておきましょう!!

新鮮市場きむらの歴史

まず新鮮市場きむらの歴史を見てみましょう。

創業:明治40年

香川県:13店舗(高松市内8店舗)

岡山県:5店舗

本店所在地:香川県高松市太田上町1090-1

営業時間:9:00~21:00(店舗による)

トップは代表取締役 木村宏雄

木村宏雄が、新鮮市場きむらの前身であるスーパーを継いだときは、大型スーパーの出店ラッシュの時期でした。

そこで木村宏雄は、そういった大型@と差別化するために青果や鮮魚に力をいれることにしました。

特に鮮魚は、高級魚から地域の地魚といったほかでは取り扱いのない魚も販売することで、人気を得ていきました。

新鮮市場きむらの特徴として、「店舗ごとに仕入れを行っていること」も挙げられます。

店によって価格が違う場合があり、チラシに載っていない驚きの掘り出し物に出会えることがある、といったお店に来ないと分からない商品があるのも魅力の一つでしょう。

お客としては、掘り出し物を見つける、といった宝探し的な楽しさも得られるわけですね。


スポンサーリンク

ガイアの夜明けで特集された大畑さんの店舗は?

今回ガイアの夜明けで特集された新鮮市場きむらの新店舗は新鮮市場きむら香西店でした。

新店舗の鮮魚担当に抜擢されたのは、40歳の大畑さん。

社長から150万という高いハードルを掲げられ、悪戦苦闘する姿に感動する視聴者が続出しました。

社長から何度もダメだしをくらい、達成できないかと思われました。

しかし初日売り上げ170万超えを達成し、目標をクリアすることができました。

大畑さん、かっこよかったですねー!

まとめ

新鮮市場きむら、近くにあったらぜひとも行ってみたい@ですね。

新鮮市場きむらにフレスタもそうですが、やはり他のお店や大型@との差別化が大切だな、と感じました。

またトップがしっかりとした考え方を持っており、進むべき道が見えているのも強みでしょうね。

今回特集された@のように、成長している会社にいるなら将来の不安も少ないですが、現在は東芝やシャープなどの大手企業までが危なくなっています。

アナタの会社は大丈夫ですか?

少しでも不安があるなら、自分の力だけで稼ぐ、ということも考えたほうがよいかもしれません。

その不安を解消するセミナー動画を【期間限定で無料】公開しています。

いつ無料公開が終わるか分かりません!
今すぐチェックしておきましょう!!
        ↓ ↓ ↓
akabana-

スポンサーリンク
Pocket