Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

一昔前に犬HKを【忖度しろ】と脅かして強姦してものにしてしまったその味を忘れられないのか、それ以降はどこへ行っても【忖度しろ】、それが通ってきたのが今の日本の惨状、馬鹿を付け上がらせるとこうなるといういい見本だ、日本人は目を覚ませ

コンニャクやレンガを渡さなくても、忖度(そんたく)を取り付ける目的で渡そうとした段階で、賄賂罪(賄賂の申し込み)が適用される。一方的なものであっても成立する犯罪である。

忖度と忖度が重なり合った結果」…役人に限らず、空気読んでそれを既定事実と動いてしまう悪癖、結果がいつも良いわけでなく。空気読むのが日本人の美徳だから教室でも教えると言う教師もいたけど、それがルールより空気を上位に置く現状につながりダメになってきていないかと。


スポンサーリンク

忖度(そんたく)の意味とは?

「忖度(そんたく)」の【忖(そん)】は「りっしんべん(心を表す漢字)」と「寸(すん=長さを表す漢字)」を組み合わせた漢字。
【度(たく)】は「計れるものの長さを表す、目盛」。
なので「他人が心で、どうに思っているか?を考える」かな
玉川「忖度があると、そこに動機がうまれるわけですよね」

そうか。忖度は動機の生みの親。

青木さんの言ってるように、物理的な働きかけ→忖度という可能性もあるし。

「官僚の忖度あったんじゃないか」民進党・福山議員の発言に安倍首相怒り「私と妻の名誉傷つけた」

今日の朝刊で気になる言葉は「忖度」(そんたく)。
意味は「他人の気持をおしはかること。」
なお、「斟酌」(しんしゃく)というのは、「相手の心情をくみとること。また、くみとって手加減すること」
どちらの言葉もよくわかりますね。


スポンサーリンク

忖度(そんたく)と安部首相

「忖度」を誤って使ったのは、福山議員の方だよね。総理は、答弁する以上仕方なくその言葉を繰り返した。

森友問題で論じられる忖度説。公務員は収支の額が大きくなるほど特にこれに注意していると見るべきで、手続きの法的合理性を逸脱してまで優先されるものなのか甚だ疑問である。首が飛ぶだけでは済まされないリスクに見合うほどの私利は得られるのか?これら前提のない

「名誉校長に妻の名があれば印籠みたいに恐れ入りましたとなるのか。前例挙げてみよ」改憲可能な2/3超、法制局も高級官僚の人事も掌握、最高裁判事人事にも介入、メディアも支配下。まさに前例なき強大な政治権力だ。皮肉にもこの首相答弁が、前代未聞の奇怪事件の背景を、如実に浮かび上がらせた。

周囲の人間に”忖度”され、便宜を図られるのは、権力者にとってこの上ない快感だろう。政治家として長く脚光を浴び続けてきた安倍が、”忖度”の政治的力学を知らないはずがないし、それを利用してきたことは間違いない。今、権力者として頂点に立った安倍は最高度に”忖度”を享受しているはずだ。


スポンサーリンク


青木「強調しとかなきゃいけないのは、忖度以前の段階に働きかけがあったかどうかというのはまだ証明されてない。忖度の前に働きかけがあったのかもしれない、それすらわかってない」
玉川「働きかけと忖度は一体。働きかけがあったって、忖度がなければそういうものは当然跳ね返すわけですよ。

しかし、関係する役所の役人の皆さんは「忖度したのか?」と問い詰められても、いろいろ忖度して「忖度してません」としか答えられないだろうから大変だなぁと、庶民の僕は忖度します。

森友学園,改装,航空巡洋艦,今春,重巡洋艦,軽巡洋艦,杜王町,春,実装,条約,花粉症,北朝鮮,三番,姉妹,忖度,花粉,安倍首相,ゼルダ,再配達,以降,答弁,森友,ミサイル,機能性表示食品,カラダカルピス,雪,認可,WBC,火曜日,鎮守府,民進党,卒業式,理財局,変死,総計,町

スポンサーリンク
Pocket