Pocket

スポンサーリンク



スポンサーリンク

2017年2月28日のユアタイムにクリープハイプのボーカル・尾崎世界観がゲストで登場しました。

歌手としての出演なのかと思いきや、「パラレルキャリア」という特集のためのゲストでした。

実は尾崎世界観さんは、クリープハイプのボーカルだけでなく、作家としての一面も持っているんです。

そんな尾崎世界観さんの小説は、自分の本名をタイトルに据えた半自伝小説『祐介』(文藝春秋)です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

祐介【電子書籍】[ 尾崎世界観 ]
価格:1000円 (2017/3/1時点)

この小説も描写が独特で、あの芥川賞作家のピース又吉さんも絶賛しています。

そこで今回は、クリープハイプのボーカル・尾崎世界観の知られざるプロフィールやパラレルキャリアについてまとめてみました。

パラレルキャリアで新しいスキルや人脈が手に入ることで、収入も大幅にアップします。
「本業にやりがいがない」
「収入アップが望めない」
といった悩みを抱えていたらぜひパラレルキャリアも検討してみてくださいね!

⇒【期間限定】パラレルキャリアの無料情報はコチラ
上記の無料情報は期間限定なので、いつ無料期間が終わるか分かりません。
無料のうちにチェックだけでもしておいてくださいね。



スポンサーリンク

パラレルキャリアとは?

あの、ピーター・ドラッカーが自信の著書『明日を支配するもの』等にて提唱している生き方のことです。

具体的には、本業以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加することを指し示しています。

「パラレルキャリアとは副業」というイメージを持っている方も多いですが、パラレルキャリアは第二の人生、といった側面ももっているので、ただ単にお金を稼ぐため、生活が苦しいから仕事を掛け持つ(ダブルワーク)といったものとは異なってきます。

近年のパラレルキャリアは、本業を軸にしてもう一つの仕事も本業と関係ないような分野であっても、本業に結びつけたり、もう一つの仕事で得たスキルや人脈を本業に活かしていく、といった目的をもって取り組んでいる個人や企業が多いのも特徴です。

ユアタイムで登場した尾崎世界観さんも、本業がバンドでもう一つの仕事が「作家」。
一見すると関係ないように見えても、作家活動をすることで見えてきた新しい世界観を、バンドの作詞にいかすことができるなど、パラレルキャリアを行うことでレバレッジをかけることが出来ていますよね。

尾崎世界観とは?

2001年にデビューした日本のインディー・ロックバンド「クリープハイプ」のボーカル&ギター。

メンバーは男性4人で構成されていて、尾崎世界観はボーカルとギターを務めています。

生年月日: 1984年11月9日(32歳)

出身地:東京都葛飾区

バンドの特徴としては、尾崎世界観の作る独特の歌詞と、ハイトーンボイスが挙げられます。

デビュー当時から、クリープハイプを知っている筆者としては、歌詞の内容が非常に印象的だったので、作詞能力の高い人だなー、とずっと思っていました。

なので、作家デビューしたときもなんか納得でしたね^^

クリープハイプは、インディーズ時代に製作したCDは廃盤になっているものが非常に多いことでも知られています。

現在販売されている作品もいつ廃盤になるか分からないので、好きな楽曲があれば今のうちに入手しておくことをオススメします。

⇒クリープハイプの作品一覧はコチラ

パラレルキャリアの効率的な使い方

とても有能なイメージのあるパラレルキャリアですが、使い方を間違えると本業や生活にも悪影響がでかねません。

そこで効率的なパラレルキャリアの使い方をご紹介します。

・起業、副業の下準備として役立てる

⇒本業で生活費を稼ぎながら、パラレルキャリアで人脈やスキルを身につけ独立やリストラ対策などに役立てる。

・気分転換しつつスキルアップできる

⇒本業ばかりだと、モチベーションが下がったり人間環境などもマンネリ化してきます。

パラレルキャリアで新しい人脈を築いたり、新しいスキルを習得することで気分転換にもなり、新たなスキルが身に付くことでモチベーションもアップします。

さらに気軽にできる点がオススメですね♪

スポンサーリンク
Pocket