Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

23日(木)のNHK「おはよう日本」

“私は子を産む権利を奪われた”

。障害者本人の同意なく不妊手術を行うことを認めた
「優生保護法」。

当事者の訴えが投げかけるもの、放映されました。

かなり話題になっている優生保護法についてまとめました。



スポンサーリンク

優生保護法 母体保護法

「部落解放」2017年2月号 特集 私たちの憲法を諦めないに「『産む産まない産めない』から考える憲法の現在」寄稿しました。

「のみ」こそ命、24条の話から始まり堕胎罪や優生保護法などなど。

優生保護法成立の事実関係については、歴史学的研究は既になされている。

優生保護法が負の要素を持つことは明らかだが、その点のみに注目するのは政治的”偏見”といわなくてはならない。




スポンサーリンク


NHKニュースでやってた旧 優生保護法。

平たく言うと「相手が障害者なら本人の了解なしに不妊手術を施して子ども産めない体にしてOK」という、相模原で障害者殺した植松聖も大喜びの優生思想な法律が1996年まで存在してた。

そりゃ貧乏人や低学歴やニートら金にならない層に厳しい国になるわな

これを期に優生保護法のことがもっと知られてほしい。それに対して国が「当時のルールちゃんと守ってましたやん」って態度なことも。
今、NHKでも放送してた優生保護法の強制不妊手術とか、根底にある差別意識はハンセン病考える場合リンクしてるのだね。
医師も家族も社会も皆関わってきた。
社会のため本人のためよかれというのが恐ろしかった。

障害者を障害者で一括りにするな
。1人で生きられる障害者と1人では生きることもできない障害者で優生保護法の考え方だって変わるだろーが

NHKがまた新たな差別を見つけてきたよ。

知的障害のある娘に良かれと父親が判を押したならいたしかたあるまい。

優生保護法で救われた人の方が多いのじゃないの?



スポンサーリンク

優生保護法 違い

日本弁護士連合会20170222「旧優生保護法下において実施された優生思想に基づく優生手術及び人工妊娠中絶に対する補償等の適切な措置を求める意見書」

同日、優生手術に対する謝罪を求める会「優生手術に関する声明文」

今になって優生保護法の問題やるって、頭おかしい

障害者や遺伝性疾患を持つ人の不妊手術や中絶を認めていた旧優生保護法を巡り、日本弁護士連合会は22日、国に対し被害者への謝罪、補償と被害の実態調査を求める意見書を発表した。

優生保護法には「悪い要素」しかないとみるのは、優生思想を含む法律だとする【イデオロギー優先】の見方。

そこに生きている生身の女性から考えることができないのは、いかにもという感じだ。

「優生学に基づく政策はヒトラーに先立ち19世紀後半からヨーロッパ全体に広がっていった。

フェミニストの平塚らいてうが社会主義者であったのは有名な事実ですが、彼女らがナチスの優生思想に走り、戦後もなお優生保護法成立に動き、堕胎による人口制限を推進したのはご存知だろうか。

『幸福な職場』(10) いい場面もあった。

「法律は数式じゃない文学だ大丈夫!」という言葉は印象に残ったし、優生保護法が説明されている(法律名は出なかったが)のも水俣病に触れていたのもよかった。

だがせっかく後日談があるなら、この法律が96年まで存続していたことにも触れてほしかった。

結局この人の言う他のフェミ批判は、「良いとこ取り」の敵の像を作って、それを批判するだけなのだ。

日本のフェミは大昔に優生保護法が改正される時に批判し、最近なら女性手帳の記述ごときであそこまでフェミが大騒ぎしたのに来るか分からない今後の中絶規制だけは賛同してくれる論拠を示してよ。

あんまり突っ込んでる人いないけど障害者雇用率制度の基準が2%ってそもそも低くない?

優生保護法が母体保護法になった時点で、障害って一定の確率で発生する社会コストと考えるべきだよね。

最近「健康帝国ナチス」という本を読んだので、NHKフランケンシュタインの誘惑の「ナチス いのちの優劣」を興味深く観てた。でもこれやるなら、日本にも優生保護法あって、断種してましたっていうことに触れた方が良かったんじゃ…

アメリカでも盛んだったとか、他人事扱いだったね。

反原発運動や反米軍基地運動だけじゃない。
旧優生保護法改悪の時、女性運動も公安のターゲットにされた。

そして今、日本会議がやりたい放題で、米国も白人男性至上主義のナショナリズムの政権になってしまった。

今だからこそ言える。
日本会議は、安倍政権は、女性の人権を蹂躙し、弾圧するであろうと

45年前までの沖縄では、アメリカにより優生保護法が廃止され、望まない妊娠をした女性は60年代半ばまではヤミ中絶などに頼らざるをえなかった。苦しむのは女性。

スポンサーリンク
Pocket