Pocket

スポンサーリンク

デルタパワー
2017年2月22日のNHKで放送された【ガッテン!】はデルタパワーで血糖値を下げるという内容でした。

睡眠時間や睡眠の質を変えることでインスリン分泌が改善し、その結果、血糖値も改善するという、非常に理にかなった内容で関心してしまいました。

しかしガッテン!では、
デルタパワーが直接血糖値を改善させる
洞窟でデルタパワーが増える
といったように思われかねない表現が多かったため、かなり視聴者から問い合わせも多かった内容でした。

そこで今回は改めて、デルタパワーや血糖値、睡眠、寝つきをよくする筋弛緩方についてまとめてみました。



 スポンサーリンク

デルタパワーとは?

デルタパワーで血糖値を下げる
そもそも「デルタパワー」とは一体何なのか? 
聞きなれない言葉、というか今回のガッテン!で初めて耳にした言葉でした。

ガッテン!では、脳から出るデルタ波という脳波で、糖尿病の改善だけではなく、予防にもなるという医学界が今注目のパワーと紹介されていました。

このデルタパワーが少ないと血糖値が上昇し、それに伴いデルタパワーがさらに少なくなってしまうという「負のサイクル」が起きることで血糖値が悪くなってしまう、とのことでした。

ガッテン!では、洞窟で番組ADに暮らしてもらいデルタパワーを増えるかどうか調べていましたが、実際には洞窟とデルタパワーに関係は全くないようです。

洞窟で暮らさせたのは、睡眠時間の質を上げるのが目的でした。

ガッテン!の公式ページでもそのことについて、説明されていました。


番組の前半でお伝えしたのは「深い眠り(デルタパワー)が睡眠障害を改善し、結果として血糖値を下げてくれるという研究です。一方、後半の洞窟での実験は、睡眠の深さに関わりなく睡眠時間の長さそのものが糖尿病を予防してくれるという、異なる研究です。「洞窟でデルタパワーを感じる」「デルタパワーを増やすため洞窟に住みついた」など、洞窟とデルタパワーの関係があるかのような表現をしたことは不適切でした。実験にご協力頂いた研究機関の皆様にお詫び申し上げます。

引用:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170222/index.html



 スポンサーリンク

【デルタパワー】血糖値を下げる睡眠方法

睡眠時間
ではガッテン!で一番気になった、血糖値を下げる睡眠方法について解説していきます。

【デルタパワーと血糖値の関係は?】

直接的には、デルタパワーと血糖値は関係ありません。

ガッテン!ではデルタパワーと血糖値に大きな関係があるような表現をしていましたが、実際は睡眠と血糖値に大きな関係がありました。

ガッテン!で紹介されたのは、睡眠障害を抱えた糖尿病患者。
14877599553221558607097
睡眠障害を改善することでインスリン分泌が改善されて、その結果血糖値も下がるのではないか?ということで、医師に診断してもらい処方された睡眠薬を服用していました。

ガッテン!では睡眠を改善することによって、血糖値に悩んでいた糖尿病患者の血糖値が下がっていたので、この患者さんには効果があったのでしょう。

【血糖値と睡眠の関係は?】
1487759407725-530656637

血糖値が上がると交感神経が活発になり熟睡することができません。

寝る前に食事をしたら熟睡できなかった、という経験をされた方は多いと思いますが、熟睡できないのはこれが原因でもあります。

で、熟睡できないとストレスホルモンという、血糖値をあげるホルモンが分泌されます。
するとさらに熟睡できなくなる、という「負のサイクル」になってしまうんです。

ガッテン!で紹介された「負のサイクル」は、このことだったと思われます。

熟睡できないと、脳波のデルタ波(デルタパワー)が出にくくなってしまうので、間違ってはなかったのでしょう。

でもなかなか分かりにくい表現ですよね。

熟睡チェック方法

自分でできる熟睡チェック方法をご紹介します。

簡単にセルフチェックできるので、ぜひ試してみてくださいね♪

・1時間を越える昼寝をしてしまう。
・仕事ができないくらい強い眠気がでることがある

この2つがよく起こるのであれば、一度病院で診断してもらった方がいいようです。

近くにあれば、睡眠外来で診てもらうのがオススメです。



 スポンサーリンク

インスリン分泌機能がアップする睡眠時間は?

14877614518241881745468
個人差はあるようですが、8時間半がインスリン分泌機能をアップさせるのによい睡眠時間、とのことでした。

ガッテン!では、一般的によい睡眠時間といわれる7時間半と8時間半でインスリンの分泌機能についての比較実験を行っていました。

その結果、睡眠時間が7時間半だとインスリンの分泌機能が62.3でしたが、8時間半だと73まで改善していました。

インスリン分泌能がよい方が、糖尿病になるリスクも下がるので8時間半の睡眠時間がオススメとういことだったのでしょう。

寝つきをよくする「筋弛緩法」

14877618254741498282553
早く寝付けて、熟睡しやすくするのにオススメなのが「筋弛緩(きんしかん)法」です。

カラダの緊張をほぐしてリラックスし、心の緊張をほぐして睡眠の質を改善する効果があると言われています。

ガッテン!では女医さんが登場して筋弛緩(きんしかん)法を教えてくれました。
1487761836686-1253273199

1.椅子に座って軽く目を閉じ、手を握って脇をしめ二の腕に力をいれます。
そのままの状態で、肩甲骨を寄せて(胸を開いた状態)肩を上げて足も上げます。
力の入れ具合は6~7割で、5秒間キープします。
1487761873559-121920723

2.ストーンと全身の力を抜きます。
すると、筋肉がじわじわする感じがしますので、20~30秒間ほどその感じを味わいます。
1と2の動作を、2~3回ほど繰り返します。

※カラダに痛みを感じる場合は無理のない範囲で行いましょう。

デルタパワーと血糖値のまとめ

1487761793080-120046407
いかがでしたか?

ガッテン!の内容を改めて見直してみると、デルタパワーより睡眠の質や時間が本当に大切なんだな、ということに気づかされました。

また日本人は仕事や育児などで忙しく睡眠時間が十分に取れていないようです。

先ほどの熟睡チェックに当てはまる人や「週末の寝だめ」を普段より3時間以上してしまう人は、普段の睡眠が足りていない証拠です。

これを機に、アナタの睡眠を見直してみるといいかもしれませんよ。

スポンサーリンク
Pocket