Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク


IMG_20170221_190258
2017年2月21日の林修の今でしょ!講座では、餃子の焼き方を教える餃子講座が取り上げられました。

そこで、林修の今でしょ!講座で紹介された失敗しない餃子の焼き方を詳しくご紹介していきます。

こんな餃子がアナタも焼けるようになるかも!?

⇒失敗しないオムライスの包み方のまとめはコチラ

⇒体に良い冬野菜検定2017のまとめはコチラ



スポンサーリンク

失敗しない餃子の焼き方

14876714267741085458190

答えは、Bの押し付けるように乗せる

1487671442828968791969

答えは、Bのギュウギュウに詰める

1487671629702-991982995

答えは、Bの餃子が半分浸るくらい

1487671843814-280986530

1487671905297-120046407

答えは、Bのチリチリ

番組放送前なので紹介された焼き方は、後で更新します!

こんな冷凍餃子もキレイに焼けるようになるかも。

一般的な餃子の焼き方

餃子は焼く時の一工夫で、お店で食べるようなパリパリの羽根つき餃子が出来上がります。

見た目も味も何倍にも美味しくなるようですよ!

この人はあんまり失敗したい焼き方を紹介しています。

①お湯を沸かしておく
②フライパン熱してサラダ油入れる
③弱火にして餃子を敷き詰める
④中火にしてフライパン揺すりながら焦げ目を確認する
⑤ゴマ油をひと回しし、熱湯入れる→すぐ蓋して揺する
油の跳ねる音だけになったら完成

素人でも餃子の焼き方に定評のある人ってけっこういるんですよね。

焼き餃子は表面バリバリ、噛むと中からお汁じゅんじゅわ系。

こっちは白飯と食べたい。

飲んだ後は水餃子の方が優しさに包まれて最高の気分になると思います

焼き餃子と水餃子でご飯のお供か、飲みの肴か別れますよね~

餃子って、普通の焼き方より羽根付き餃子の方が簡単だったりすると言えるのは、餃子マイスターレベルでしょう。

市販の餃子だけどねww
裏の焼き方通りに焼いただけだ、というように説明どおりに焼くのが一番という意見も。

餃子豆知識

【餃子豆知識①】日本で一般的に食べられているのは焼餃子。

しかし本場中国で餃子と言えば水餃子がポピュラーな食べ方。

水餃子には焼き餃子とは違った分厚い皮を使われます。

そのためプルプルの水餃子になるんですよね~。

中国の家庭料理について知りたいです!

日本で言う中華料理は中国の家庭で一般的に食べられているのでしょうか?
A。あまり食べられていません。

特に餃子とご飯を一緒に食べることはまずないですね。

横浜の中華街で、焼き小龍包は見かけても餃子は見かけませんねぇ。

まぁ、中国の方は餃子は主に水餃子らしいので。

また、日本では焼き餃子をよく食べますが中国では水餃子の方が食べると聞いたことがあるので、そういった違いもあれば知りたいです。


アメリカで餃子をマスターしてきたスゴい人もww

はじめて水餃子の制作に挑戦。皮が厚めの方が向いてることが判明…プルプルな口当たりは焼き餃子より好きなかんじ。

スポンサーリンク
Pocket