Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

2017年2月18日(土)に放送された世界一受けたい授業の特集家族を守るための乳がん検定が衝撃的でしたね!

“女性がかかる“がん”で最も多いのが『乳がん』という事実。

あの小林麻央さんもがんで苦しんでいますが、そのがんは乳がんですよね。

そして北斗晶さんも乳がんでしばらく仕事から離れていました。

実は乳がんはすい臓がんなどと比べ発見しやすく早期発見できれば90%以上は治る可能性があるとのこと。

実際北斗晶さんは、早期発見で治りましたもんね♪

そこで今回は、世界一受けたい授業で特集された、卓越した技術から“神の手“と称されるスーパードクター明石定子先生が教えてくれた乳がんの正しい知識をまとめてみました。



スポンサーリンク

明石定子先生のプロフィール

1965年生まれ。東京大学医学部医学科卒業後、同大学医学部附属病院第三外科に入局。

1992年より国立がん研究センター中央病院外科レジデントとしてオペの経験を積み同乳腺外科がん専門修練医、医員、2010年には乳腺科・腫瘍内科外来病棟院長を務める。

2011年より昭和大学病院乳腺外科准教授に就任。

このように素晴らしい経歴をお持ちのドクターなんですね。

こんな先生が教えてくれた乳がんの正しい知識でしたら間違いないし、やってみるしかないですよね!!



スポンサーリンク

女性を救うために立ち上がった乳腺外科医
という肩書きもカッコイイ!!

乳がん検定をした人の感想

地元の無料クーポンで今年は ちゃんと乳がん検診してきました

女優の藤山直美さん 初期乳がんと診断

主演舞台の公演中止のようです。

58歳での乳がん発覚ですから、しっかり治していただきたいですね。

しかし初期ということでしたので、1年ほどでお仕事に復帰するのではないでしょうか。

やはり乳がんに限らずがんは早期発見、早期治療が大切ですね!

スポンサーリンク
Pocket