Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク


今回のガッテン!は骨ホルモンの特集。

骨ホルモンの効果で、血糖値が下がるとのこと。

ちなみに「骨ホルモン」は、今世界中の研究者が大注目している新物質です。

骨を上手に刺激すると骨から大量に骨ホルモンが放出されて全身へ運ばれ、脳や肝臓、すい臓、腎臓など、様々な臓器を活性化してくれることが分かってきています。

逆に骨ホルモンが少ない人は、糖尿病や動脈硬化などを引き起こす可能性があるので要注意ですよ!



スポンサーリンク

骨ホルモンで血糖値が下がる理由は?

オステオカルシンは、骨を形成する細胞である骨芽細胞が分泌するタンパク質です。

骨中に存在しているたんぱく質ですが、わずかな量が血中を循環しています。

全身のエネルギー代謝を活性化する作用があり、オステオカルシンを経口投与することで、血糖値が下がる効果がある模様。

骨ホルモンの放出させる方法



 スポンサーリンク

スポンサーリンク
Pocket