Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

2017年2月14日の【たけしの家庭の医学】で老化防止ホルモンとして紹介されたグレリンが話題になっています。

グレリンとは、医学界が注目する『老化防止ホルモン』のこと。

名医が老化防止ホルモン「グレリン」を、しっかり分泌する方法を丁寧に分かりやすく教えてくれていましたね。

ポイントは…“グー”というお腹の音とのこと!?

では老化防止ホルモン「グレリン」について、解説していきます!


スポンサーリンク

老化防止ホルモン「グレリン」とは?

空腹のピークのときに胃の粘膜にグレリンという物質が出ます。それが脳下垂体に行って成長ホルモンの分泌を促すのですが、グレリンは接触促進作用物質ですので、食事をすると出なくなり、それと同時に成長ホルモンの分泌もストップします。

要するに、グレリンが出ると食欲が増進して食べ過ぎてしまうんです。

食べすぎが老化の原因になる、とも言われていますから、食べすぎを防ぐにはグレリンを抑えることがよさそうです。

って、グレリンが悪者みたくなっていますよね。

実は、グレリンが分泌されることで成長ホルモンも同時に分泌されています。

そして満腹になると、グレリンと成長ホルモンが止まってしまいます。

成長ホルモンが出ていれば、老化は防げますから、グレリンが出ていることはよいことなのでしょう。

老化を防ぐには、食べすぎに注意ということですね~

十分な睡眠がとれていないと空腹ホルモン“グレリン”が急上昇し、食べすぎを招きますよ。

人間は空腹時にグレリンというホルモンが放出される。

グレリンが放出されると報酬系が活性化して意欲が増し、海馬に直接働いて新しいことを覚える能力も発達するようです。

グレリンは記憶力も高めてくれるのですね!!

勉強も空腹時に行いましょう。

グレリンと太る習慣の関係

太る習慣その1 夜型生活で寝なければ痩せる!?とよく言われていますが真っ赤なウソです。

睡眠不足はグレリンというホルモンが増えることで、食欲を増進させてしまいます。

夜遅くまでスマホやテレビを見ていないで、早く寝ることがムダ食いも予防してくれますし、老化も防止してくれます。

グレリンといえばアノ人!

グレリンは空腹時ホルモンといわれていますが、空腹時ホルモンと聞いて思い出すのがそうアノ人
南雲吉則先生。

アンチエイジングの権威として有名ですが、今回は出演するのでしょうか?

当時は空腹時ホルモンが老化防止によい、という説がかなり疑われていましたが、現在はやはり正しかった、という説にかわりつつあります。


※画像をクリックすると大きな画像がみられます

久しぶりに見ましたが、ごぼう茶もはやりましたよね~

管理人も飲んでいました^^

Amazonの評価も非常に高いです。

実践して若返っている人が多いからなんでしょうね!

管理人もまた試してみようかな、と思います。

今から若返りの食事実践したら、夏にはカッコよくなっていますもんね♪



 スポンサーリンク

スポンサーリンク
Pocket