Pocket

スポンサーリンク



 スポンサーリンク

沸騰現場の経済学ということで、いつも人気の経済番組【日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~】

2017年2月13日の特集は、台湾です。

世界の中でも”最も親日な人たち”と言える、台湾人。
東日本大震災での41億円にもわたる多額の寄付は、日本人の記憶に新しいところ。

そんな台湾ですが、実はトランプ大統領になったことで中国との関係もくずれてかなり、負の影響を受けているもよう。

今回は、日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~で特集された台湾についてまとめました。



スポンサーリンク

現在の台湾の状況はひどかった

台湾というと人気観光地のはずですが・・・

実は最近は中国人が来なくなったことで、廃墟となった町も幾つかるようです。
KIMG1655
特に人気アニメの舞台となった、ともいわれる台湾の観光地・九木分、そして小籠包で有名な飲食店は年が明けても、日本人観光客であふれ返っていました。

しかし、台湾東部のとある町は、数年前まで同じように観光客でいっぱいだったが、今は人もまばらでまるでゴーストタウン。

要するに、中国人を相手に栄えていた観光地だったんですね。

中国人が来なくなったことで、ホテルは軒並み廃業、観光で生活していた人たちの生活もあり得ないほど変わっていた。

そして大渋滞もひどく、アジアを悩ます大渋滞 日本の技術で解消せよということになりました。
世界の中でも特にひどい渋滞に悩み、経済の停滞をも巻き起こしているアジアの国々。

では次に、大きく変わってしまった街の人について調べました。



スポンサーリンク

台湾の観光地やグルメ

台湾の観光地というと、花蓮や映画の舞台となったところが有名ですね。

他にも十分のランタンとか有名!!

そしてなんといっても、小龍包
KIMG1654

このあふれ出る肉汁は、餃子とは一味もふた味もちがいますよね~

スポンサーリンク
Pocket